二次会の景品はお決まりですか?

のし

二次会の景品に、のしをつけるのはとてもおすすめです。

必ずつけなければいけないというものではないのですが、
つけることで高価な景品に見えるものです。
さらに、商品名を書くことができるので、当たった人は、中身が何なのかを
すぐに知ることができるのでとても便利なのです。

二次会の景品にのしをつけるという場合には、水引が紅白蝶結びとなっているものを選ぶことが大切です。

紅白蝶結びは、何度でも結びなおせることから、「何度あってもいい慶びごと」に使われます。
同じ紅白でも結びきりになっているものがありますが、これは「一度きりであってほしいこと」に使われます。
結婚などですね。こういったことは覚えておいたほうがいいでしょう。

みんなで祝う

また、水引から上の部分には、商品名を書きます。
商品名以外であれば、一等賞などの順位を書いたり、優勝などを言葉を書き込むのです。
そして、水引から下の部分には、ご両家の名前を書くのです。

二次会の景品にのしをつけるという場合には、購入をしたお店で書いてもらうことをおすすめします。
たいていの場合、お店の人はのしが必要かどうかを聞いてきてくれます。
必要な場合には、そこでお願いをするのです。

二次会景品は必ずつけなければいけないということはないのですが、つけた方が見栄えはよくなります。

厳正なる